室長日和 2010.3.17 (その2)/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > 室長日和 > 室長日和 2010.3.17 (その2)

室長日和 2010.3.17 (その2)

治療で用いる鍼(ハリ)というのは、どのような形で、どれくらいの太さのものを想像しますか。
 第一に思い浮かぶのは、裁縫で用いる縫い針でしょうか。
 二千年前の中国で編纂された『黄帝内経』という鍼灸治療の書物に、9種類の鍼についての説明があります。それは「九鍼」と呼ばれていて、種々の形状のものがあり、様々な使い方があると書かれています。

 例えば、先端がメスのような形をしていて皮膚を切り開いて膿を取り除くのに用いる鍼があります。あるいは先端が鋭くとがっていて杖のような形をしていて、関節に水がたまったときに、関節の中に深く刺して水を排出させるために用いる鍼もあります。鋒鍼(ホウシン)というのは、三面に鋭利な刃があって、その先端で皮膚を破って、皮膚の下にうっ血して黒ずんだ血液を取り除くのに用いますが、これは現在でも三稜鍼(サンリョウシン)という名前で使われています。。
 中国古代の名医である華佗(カダ)は、麻酔を最初に発明したと言われていて、麻沸散という麻酔薬を使って腹部切開手術をしていたので、「九鍼」も巧みに使いこなしていたことでしょう。
 このように書くと、刃物恐怖症や先端恐怖症の人でなくても、「鍼というのは恐ろしくて、痛そう」というような印象を持たれてしまうかも知れませんね。
 でも「九鍼」は、関節の中に深く刺し入れたり、皮膚や筋肉を切り開くようなものばかりではありません。深く刺したり切ったりしない鍼もあります。
 例えばテイ鍼というのは、「鍼先が粟の粒のように微かに丸く、気の流れに沿って皮膚をなでさすり気の流れを促す」というように書かれています。この鍼は現在も使われていて、私もよく治療に用いています。
 また九鍼の一つの毫鍼(ゴウシン)というのは、極細で繊細な形状です。「毫鍼は針先が蚊やアブのくちばしのような形状で、これを静かにゆっくりと刺してゆき、かすかに刺したら、それ以上は刺さないでしばらくとどめておくと、気を養うことができる。痛みやしびれの症状に効果がある。」というように書かれています。蚊に刺された瞬間というのは、痛くもかゆくもないし、いつ刺されたのかわからないほどですが、毫鍼も、刺された感覚はその程度のものです。
 この毫鍼は現在も広く用いられていて、一般的に鍼と言えばこのことを言います。
 

 献血で用いる注射針の太さは18ゲージから16ゲージです。18ゲージとは、外径が1.2ミリで、内径が0.94ミリです。
 毫鍼の太さは、細いものを1番とし、順に太くなります。一般には1番から5番までがよく用いられています。1番は0.16ミリで、5番は0.24ミリです。
 髪の毛の太さには個人差がありますが、太いものは0.15ミリだそうですから、鍼の太さは、太めの髪の毛よりすこし太いくらいです。注射針の内径が0.94ミリなので、毫鍼は注射針の中に入ってしまうほどの細さです。
 毫鍼の長さは、よく使われているものは1寸3分(約4センチ)と1寸6分(約5センチ)ですから、見た目は縫い針のようです。でも、それよりもずっと極細です。
 一つの道具も、様々な使われ方をする場合があります。例えば一つの楽器も、それを奏でる人によって、様々な音色になるし、クラッシック・ジャズ・ポピュラーなど、千差万別のジャンルの音楽が一つの楽器からわき出ることもあります。
 毫鍼も道具ですから、どのような考え方の元で使うか、あるいは用いる人の技能によって、様々な使われ方がされています。
 では今の時代において、毫鍼という道具がどのような使われ方をされているのでしょうか。
 これは一言では語れないほどに様々なんでして、そのことは次回以降にボチボチと…

 

☆☆編集スタッフのつぶやき☆☆

このコーナーをやろうと提案したときはちょっと迷惑そうだった室長ですが…。ところが、「第2回目の原稿送ったのにまだ更新できてないようですねぇ…」と。実はブログは楽しいらしいのです。更新頑張りますので室長のブログに皆さん付き合ってあげてくださいね

画像 165.jpg治療室前の桜、開花(3月21日)


 

< 室長日和 2010・3・1号  |  一覧へ戻る  |  室長日和 2010.4.8号 >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日