室長の健康アドバイス (奏玲通信2011 冬号より)/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > 室長の健康アドバイス > 室長の健康アドバイス (奏玲通信2011 冬号より)

室長の健康アドバイス (奏玲通信2011 冬号より)

癒えるまでの道

秋の玄関1.JPG

 人は様々な出来事を積み重ねて心身の成長と成熟を遂げてゆきます。経験とは、出来事に出会うこととか、能動的にふるまうことだけではなく、そこには他者からの働きかけを受けたり、苦しみを受けるなどの受動的な事柄も含まれます。このようにして、人は現実がもたらす様々な障害の中をあちらこちらの壁に突き当たりながら生きてゆき、経験を自分のものとして獲得してゆきます。

 ギリシャのことわざに「苦しみを受けたものは学びがある」というのがあるそうです。ここには人が経験によって学ぶというのは、何かを体験することだけではなくて、人生において被る苦しみを自分のものとして受け容れることなのだということが示されています。

 人が生きていくうえで、病は大きな苦しみとなることがあります。明治初期の漢方医 和田啓十郎は病について次のように述べています。

  「…もし、病毒が人を冒すとこれに対して反応作用をおこして抵抗しようとする。その反応作用は、発熱・喀痰・嘔吐・下痢・化膿・下血などの症状として現れる。そのようなものを人は「疾病」と呼んでいる。疾病というのは、病毒に対する自然治癒の反応作用であり、病になるために症状が出るのではなくて、病を癒すために症状が出るのだということを知らなくてはならない」(和田啓十郎「位階の鉄槌」から意訳して引用)

 出ている症状というのは、身体が病毒と戦っていることの現れであり、自然治癒力が働いていることの証です。病苦の峠は健康を呼び戻すために通らなくてはならない道なのです。医師や鍼灸師は自然治癒力を助けるために、薬や鍼灸を用いなければなりません。自然治癒力が十分備わり病毒と対抗する力が十分であれば、病苦の峠越えはそれほど困難なことではありません。

 鍼灸は自然治癒力の維持・向上にとても良いと思います。私もお手伝いしますが、やはり一番大切なのはご自身の日々の積み重ねです。これから年末に向けて慌ただしくなってきますが、自分の心と体をいたわる気持ちを忘れないで過ごしたいものです。

< 読書の秋  |  一覧へ戻る  |  レオママの「親バカ日記」 その41 >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日