2012年5月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2012年5月

2012年5月

日曜日は研究会にレオと参加です。

今日(5月27日)は第36回わかりやすい経絡治療学術講習会のため、7時過ぎにレオと出発。お天気も良くて爽やかでレオもいい顔しています。今日は講師としての参加なので、珍しくネクタイ(笑)です。

研究会5月.JPG

 

 

スタッフブログ、最近頑張ってます!

スタッフの乳がん体験記、好評??連載中です。

さっちゃんの わらってハッピー!気づいたら元気!!より 『病気と仲良くしちゃおっと』

きゅうりとトマトの苗を植えました。レオちゃんのデザートははこれで安心…かな?きゅうりとトマト.JPG

レオママの『親ばか日記』 その44

レオちゃんの春

 3月に上のお兄ちゃんの高校の卒業式があり家族全員で参加しました。卒業証書を同級生や後輩の大声援の中ひとりひとり手渡していくので、3時間くらいかかったでしょうか。感動的でとても和やかな卒業式でした。が…レオはお父さんの足の間にダウンしてウトウト…眠くなっちゃいました。

 

奏卒業2.JPG

 

お兄ちゃん呼ばれたの~ZZZ.

 

 

 

 

 

 

 

奏卒業3.JPG

 3年間通学路として通った井の頭公園。

 玉川上水脇を通って学校へ。保護者会に行くのが楽しい学校でしたね。

 帰り道一緒になった父母の方に「入学式のときからずっと『お利口さんねえ、頑張ってね!』と応援してたんですよ」と、声をかけていただきました。たくさんの方が温かく見守ってくださっていたんだと思うと「ジーン!」ときてしまいました。

 本当に月日の経つのは早いもの、レオが我が家に来てくれた8年前の春は長男が小5、次男が小1でした。それが今では高卒と中3。夏にはレオが大好きなおにいちゃんがアイルランドに行くので、レオが現役のうちに家族写真を撮りました。

貸切!桜並木!  今年も治療室前の桜並木は見事でした。朝のお散歩の時はレオとお父さんだけの桜並木に!なんて贅沢なんでしょう。「5時からお散歩」のご褒美ですね。暑くもなく寒くもなく今が一番気持ちがいい時です。今年はいつもよりゆっくり桜を楽しめたような気もします。

2012桜8.JPG

レオちゃんが我が家で迎えた9回目の春のご報告でした(#^.^#)

 

室長の健康アドバイス (奏玲通信2012 初夏号)

目的は自然治癒力を高めること

すずらん2.JPG

 私は鍼をする前に患者さんの手首の脈を診ます。これは脈診というもので、東洋医学の伝統的な診察法です。脈診は、脈が速いか遅いかだけではなく、血管が硬いか柔らかいか、太いか細いか、たるんでいるか引き締まっているか、浮き上がっているか沈み込んでいるか、拍動が強いか弱いか等々、いろいろな側面から観察します。

 手首の脈は全身の気の流れを投影するので、気の流れがどのような状態であるのかを脈診で知ることができます。例えば、脈が硬いというのは気の流れが滞りがちなこと、脈が弱々しいのは気が不足していること、脈がたるんでいるのは気が体の外に漏れ出ていることを意味しています。脈の状態に応じて、どこの経穴(いわゆるツボ)にどのような方法で鍼をするか決めてゆきます。

 鍼の先端が尖っている理由は、皮膚を貫いて刺し通すためだけではありません。鍼の先端には気が集まります。鍼先が細く鋭利であればあるほど、それだけ収れんして濃厚な気が集まります。経穴は皮膚の表面にあるので、体内と対外との気の出入口になっています。経穴に鍼先を接触させると治療者と患者さんとの間で気が交流し合い、気の流れの状態が変わるので、脈の状態も変わります。鍼を用いて不足している気を補ったり、不必要な気を取り去ったりして、体を流れる気の過不足を調整します。気の不足や滞りが改善して、硬くて速い脈が柔軟で落ち着いた脈になるなど、脈も健康的な状態になります。

 脈の状態が良くなるというのは、全身の気が調和し自然治癒力が高まることを意味しています。鍼で神経を刺激して痛みの感覚を麻痺させるとか、筋肉を強く刺激して緊張を取り除いていくという目的ではなくて、鍼は気の流れを調和させて自然治癒力を高めるために用いるのです。

 治療の最後に再度脈診をして、脈が良い状態になっていることを確認して治療を終えます。

治療の終わりは治癒の始まりです。

 

« 2012年4月 | メインページ | アーカイブ | 2012年6月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日