2012年7月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2012年7月

2012年7月

レオママの「親ばか日記」 その45

レオ夏の営業.JPG

治療室に冷房が入るようになってきました。

 とたんにレオが治療室に来る頻度が増えます。涼しいのを知っているようです。夏の午前中はレオに会える確率が高いですよ(笑)

 6月8日、神奈川訓練センターに行きました。

 レオは8月19日に10才になります。人間でいうと60歳を過ぎた頃位だそうです。まだまだ元気なレオですが、盲導犬として目の見えないお父さんを安全に誘導するお仕事はそろそろ引退を考えてあげる年でもあります。私たちとしてもレオがそれなりに年をとってきていることは感じるので、そんなに無理をさせないで引退させてあげようと思っています。

 日本盲導犬協会神奈川訓練センターは都筑のインターの近くにあります。8年前にレオとの共同訓練もここで受けました。今回は、レオの今後のことを相談することと、新しく盲導犬を申し込むにあたって、お父さんの歩く歩く速度や行動範囲、またこれまでレオと築き上げてきた歩き方(長年の癖みたいなものもあるらしい)を訓練士さんに見てもらう、そんな目的の一日でした。

訓練2012・6その1.JPG

午前中一頭の訓練犬君とセンター近くを歩いてみました。レオと比べると一回り小さい感じで、はじめての「おじさん」と歩くのが楽しいらしく、ピョコピョコ跳ねるように歩くのが可愛かったですね。

午後は別の訓練犬君と新横浜駅周辺を歩きました。研究会で都心に行く機会も多いので、エスカレーターや地下街、信号、歩道橋なども歩きました。

その頃レオはというと…

訓練2012・6その3.JPG

事務室で待機中。

 

 

 

 

「ちょっとー、どーなってるの?」とでも言いたげな表情ですね。

 さて、皆さんの気になるところはレオちゃんの今後ですよね。実は、レオママが引退犬ボランティアに立候補することになりました。まだ本決まりではありませんが、これまで頑張ってくれたレオがこのまま我が家で今まで通りのんびり暮らしていけるように、お父さんに代わってレオママがお世話しようと思います。またこの場でお知らせしますね。

祥世49ー2.JPG

室長の健康アドバイス (奏玲通信2012 夏号)

自分の職業を名乗ることの意味


竹島ユリ.JPG

 (←竹島ゆりです)

私は奏玲治療室において「はり師」「きゅう師」として、皆さんの健康保持・増進のために日々働いています。ちまたには、「鍼・マッサージ・指圧・柔道整復・接骨・整体・カイロ・リフレクソロジー・もみほぐし…」等々、種々の看板を掲げたお店が雨後のたけのこのような状況です。「こり・痛み・疲れを解消する。リラックス効果」というのが概ね共通した謳い文句ですが、何の資格で何をしているのか?と疑問に思うことがあります。

 マッサージや指圧治療院で働く人は「あん摩マッサージ指圧師免許」、鍼灸治療院で働く人は「はり師免許」と「きゅう師免許」、接骨院で働く人は「柔道整復師免許」という4種類の免許があります。これらは所定の学校で医学や技術の専門科目を3年以上学び、国家試験に合格したものだけが厚生労働大臣から免許を受けることができます。施術所を開設するには保健所への届出義務があり、衛生・安全設備等が所定の基準を満たしていなければ認可されません。これらの免許は「業務独占・名称独占」という位置づけなので、その免許を有するものだけが患者さんへの施術ができ、「はり師」とか「柔道整復師」と名乗ることができます。このような法的規制があるので、例えばマッサージを自分で勉強したり、お師匠さんから学んで技術を習得したからといてって、勝手に「マッサージ師」を名乗ることはできません。

 看板をよく見ると、「はり・きゅう」とか「マッサージ・指圧」とか「柔道整復・接骨」と書いていないお店もたくさんあります。似たようなことをしていても「マッサージ師ではなくて整体師です。マッサージではなくて整体をしています」といって営業していることも少なくないようです。このような場合、法的位置づけがないので保健所への届出義務もなく、衛生・安全基準もありません。

 もちろん、免許を持っていなくてもその道において高い技能を発揮している人もいますが、国家資格という一定のハードルがないので玉石混淆の状況です。このような現状で人々の健康保持・増進が大丈夫なのかと心配しているのですが、私は有資格者としての自覚と責任を常に持って患者さんの治療にたずさわっていきたいと思います。

« 2012年6月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日