レオママの「親ばか日記」 その45/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > レオ&ふわ&レノママのもっともっと親バカ日記 > レオママの「親ばか日記」 その45

レオママの「親ばか日記」 その45

レオ夏の営業.JPG

治療室に冷房が入るようになってきました。

 とたんにレオが治療室に来る頻度が増えます。涼しいのを知っているようです。夏の午前中はレオに会える確率が高いですよ(笑)

 6月8日、神奈川訓練センターに行きました。

 レオは8月19日に10才になります。人間でいうと60歳を過ぎた頃位だそうです。まだまだ元気なレオですが、盲導犬として目の見えないお父さんを安全に誘導するお仕事はそろそろ引退を考えてあげる年でもあります。私たちとしてもレオがそれなりに年をとってきていることは感じるので、そんなに無理をさせないで引退させてあげようと思っています。

 日本盲導犬協会神奈川訓練センターは都筑のインターの近くにあります。8年前にレオとの共同訓練もここで受けました。今回は、レオの今後のことを相談することと、新しく盲導犬を申し込むにあたって、お父さんの歩く歩く速度や行動範囲、またこれまでレオと築き上げてきた歩き方(長年の癖みたいなものもあるらしい)を訓練士さんに見てもらう、そんな目的の一日でした。

訓練2012・6その1.JPG

午前中一頭の訓練犬君とセンター近くを歩いてみました。レオと比べると一回り小さい感じで、はじめての「おじさん」と歩くのが楽しいらしく、ピョコピョコ跳ねるように歩くのが可愛かったですね。

午後は別の訓練犬君と新横浜駅周辺を歩きました。研究会で都心に行く機会も多いので、エスカレーターや地下街、信号、歩道橋なども歩きました。

その頃レオはというと…

訓練2012・6その3.JPG

事務室で待機中。

 

 

 

 

「ちょっとー、どーなってるの?」とでも言いたげな表情ですね。

 さて、皆さんの気になるところはレオちゃんの今後ですよね。実は、レオママが引退犬ボランティアに立候補することになりました。まだ本決まりではありませんが、これまで頑張ってくれたレオがこのまま我が家で今まで通りのんびり暮らしていけるように、お父さんに代わってレオママがお世話しようと思います。またこの場でお知らせしますね。

祥世49ー2.JPG

< 室長の健康アドバイス (奏玲通信2012 夏号)  |  一覧へ戻る  |  室長の健康アドバイス (奏玲通信2012 秋号より) >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日