2013年3月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2013年3月

2013年3月

治療室の前の桜をバックにレオ&レノ記念撮影です。

桜の咲く頃我が家に来てくれたレオにとって10回目の桜です。今年はレノも一緒です。

治療室も満9年になりました。これからもどうぞよろしく。

 

2013桜.JPG

 

レオママの親ばか日記 その49 (奏玲通信2013 春号より)

 レオ、盲導犬 卒業旅行!

これまで、レオとはどこにでも一緒に行くことができました。電車やタクシーはもちろん、レストランもコンサートも、ホテルのお泊りも一緒でした。でも、盲導犬を引退すると家庭犬になるので、そういうわけにはいかなくなります。そこで、今まで9年間元気に盲導犬の仕事をしてくれたレオの卒業旅行に行くことになりました。

 

IMGP0687.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿泊したホテルの玄関で。

 

 

 

 ボクねー、小田急線に乗って、江ノ電に乗って、大船にも行って、コンサートにも行って、ホテルにお泊りもして、江ノ島にも行ったんだよ!!すごい?

 お父さんがかねてより行きたかったサキソフォン奏者の清水靖晃さんのコンサートが大船の鎌倉芸術館であるというので、チケットを取りました。今はなんでもネットで注文できる時代ですが、レオと一緒に行くとなるとレオが安心してお父さんの足の下に伏せていられる平らなスペースの席でないと困ります。階段状の席だったりすると大変なので、このコンサートを企画された岩神六平事務所に問合わせてみたところ、芸術館に事務所の方が下見に行って下さり、その時点で空いている席でレオにとって一番いい席を手配してくださいました。演奏も大変エキサイティングなものでワクワクし通しの楽しい時間でした。

 コンサートは夜10時ころになるので、鎌倉といえども宿泊することにしていました。今回は七里ヶ浜にある鎌倉プリンスホテルを予約しました。 

 宿泊前にホテルに盲導犬を同伴することを伝えたところ、盲導犬の受け入れは初めてということでしたので、レオはベットに乗ったり、お部屋でおしっこをすることは絶対ないように訓練されていて、吠えたりすることもないこと。ご飯も敷物も持参する旨を伝えました。

 コンサートの帰り、最寄りの駅までお迎えに来てくださったり、食事の時もレオがリラックスできるように広い席を用意していただいたり、さりげないサポートが感じられ、ゆっくりできました。

 

IMGP0684.JPG

 

 

 お泊まりの時はね、自分のお布団の上で寝るんだよ。

 盲導犬を伴っての外出や旅行は、補助犬法が施行されて10年経った今でも拒否されたりするケースもあると聞きます。私たちもレオといろいろな所に出かけましたが、多くの方に支えていただき、いつもレオを温かく迎えてくださいました。「知らない」ことが拒否につながるのなら、まず根気強く相談してみることが大切なのかもしれません。

岩神六平事務所の皆さん

鎌倉プリンスホテルのスタッフの皆さん、

レオの卒業旅行は本当に楽しい時間でした。ありがとうございました。

« 2013年2月 | メインページ | アーカイブ | 2013年4月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日