レオ&レノママの 「もっともっと親バカ日記」その5/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > レオ&ふわ&レノママのもっともっと親バカ日記 > レオ&レノママの 「もっともっと親バカ日記」その5

レオ&レノママの 「もっともっと親バカ日記」その5

 世界一 しあわせな盲導犬 になってね

2014明けオメ.JPG 

あけましておめでとうございましゅ~♪ (あのー、レノ君?今年はう・ま・ど・し!!)

 レオにとって10回目、レノにとって初めての我が家で迎えるお正月。さむーい(>_<)朝のお散歩だって頑張っています。

 昨年の秋、レオは盲導犬育成のための募金に、レノは「新ユニット出発式」に参加、それぞれに充実した一年を締めくくりました。

 昨年レオは9月と11月の2回、青葉台駅で行われた盲導犬育成のための募金活動に参加しました。レオは盲導犬を引退しているので電車などには乗れませんから、歩いていける青葉台での募金の時はママとはりきって出掛けます。

2013・11・23‐5.JPG

 レオも青葉台での生活は10年になるので、レオのことをご存じの方がたくさん来てくださいました。長年地域で温かく見守っていてくださったことを改めて感じました。今年引退したことを伝えると多くの方に「頑張ったね〜」「ゆっくりしてね〜」と沢山褒めてもらったレオでした。

 何人かの方に「今まで自由がなかったんだからのんびりしなきゃ」 のようなことを言われることがありました。ママとしてはちょっと複雑な気持ちになります。

 お父さんも電車の中で「盲導犬ってかわいそうだよね」とささやかれることが時々あるといいます。

             どうしてかな??

 2013・11・3ー1.JPG 颯爽と、風を切って!!

 一般の人が見かける盲導犬は、ハーネスというベルトでユーザーさんと結ばれています。これは目の見えないお父さんとレノとの命綱で、普通のお散歩用リードとはわけが違います。駅なども安全に歩くために綿密に計算されたデザインで、日々進化しています。確かにちょっと窮屈そうに見えてしまうかもしれませんが、レノにとっては朝のお散歩でお父さんに「ハーネス(つけるよ)」と声をかけられると「はいはーい(^-^)/」と飛び込んでしまう楽しいアクセサリーのようです。

レノへそ天営業.JPG

 治療室でレノがへそ天で寝ていると「こんな様子で(盲導犬の)お仕事は大丈夫なんですか」と聞かれることもありますが(^_^;)ハーネスをしていないときは普通の家庭のワンちゃんと同じ、のんびり気ままな生活をしているんです。

治療室のお正月3.JPG

 盲導犬という仕事をしていることはレオもレノも意識しているんでしょうか??私たちはどんな時もレオとレノが幸せであってほしい、長生きして欲しいと思っています。

 「うちの子が世界で一番しあわせな盲導犬」 どのユーザーさんも思っています。

 我が家のレオ&レノぶらざーずの日常はHP内の「今日のレオ&レノ」のコーナーでお楽しみください。盲導犬の日常をこれからも発信しつづけます。

 

 

 

< 室長の健康アドバイス (奏玲通信2014 初春号より)  |  一覧へ戻る  |  今日のレオ&レノ Vol.19 「冬のおいしい?お散歩」 >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日