2014年9月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2014年9月

2014年9月

『先生、まさかの尿管結石!  その2 』

 ~~ER(救急救命室)への道~~   は遠かった(>_<)

9月15日の早朝突然先生を襲った激しい痛み。原因は尿管結石でした。結局、入院もせずに済み、石が出たんだか??どうかはわかりませんが、17日より元気に治療を再開しております。

ちょっと人ごと、お気楽スタッフ(兼妻)が見た!症状、治療の様子を大公開中です。男性の15%、女性の7%がなるという尿管結石。決して人ごとではないのです。

 さてさて前回の続きです。タクシーで「青葉区休日急患診療所」に辿り着きましたが、予想通りスリッパが足りなくなるほどの混みようで。とにかく先生を椅子に座らせ、問診票を書きます。「一時間くらい待ちますか?」と聞いてみると、ニコッと看護師さん「そんなには待たないと思いますよ」と言ってくれて、おとなしく待つことにしました。

 どうやら痛みは10分おきくらいに間欠的にやってくる様子。『イタタタ…』とうずくまりそうになるかと思うと、やれやれな感じになるし。

 周りを見渡すと…実はみなさん意外と元気そうな人が多いんです、ここ。中には紹介状もらってお母さんに背負われて出てくるお子さんもいますが、立ったままスマホを見ながら待てる人もたくさんいて。

 「症状によっては順番が入れ替わる場合もあります」と張り紙が出ていましたが、とにかく混んでて看護師さんはてんてこ舞い、痛くて崩れ落ちそうな先生なんて目に入るわけありません。

 また、痛みが…あれえ、顔色が黄色い(*_*) ちょっとまずい?

 「あのー、どこかで横にならせいただけませんか?」と無理を言って治療部屋の隅っこを囲ってもらい、ベットに横になりました。

 この診療所では内科と耳鼻科の診察をしています。

「昨日この子鼻血を出して、鼻に詰めた綿が奥に入ってしまい…」(あら~大変)とか

「湿疹ができて…帯状疱疹かなと思って…。ちがう?蚊に刺されたな昨日、デング熱大丈夫でしょうか??」(今はやってますからねえ^^;) 先生方てきぱきと患者さんを診ていきます。

 12時過ぎ、お蕎麦屋さんが出前を担いでやって来ました。(きょうは先生たちざるそばなんだ)でも、まだ患者さんはたくさん(伸びちゃうねえ)その間に、尿検査をしました。

 

 やっと呼ばれたのは1時過ぎ(1時間どころじゃなく待ちましたけど)。先生にお腹を押されたり、背中を叩いてもらったり…尿検査は異常なく。

IMGP6373.JPG

(ケトン体3+…朝から絶食状態だったからかな 尿管結石だと潜血反応があったり、血尿が出ていたりするのでここでもまだわかりませんでした)

  「以前に胆石があると言われたことはないですか?」「腸閉塞かも知れませんねえ」

ほーら、先生のお見立て通り!と喜んでいる場合ではなく、「すぐ、紹介状を書きますから大きい病院へ行ってください!」

 幸い、我が家から歩いて15分ほどの昭和大学藤が丘病院の救急が受け入れてくださることになり、またタクシーで向かいました。先生座っているのがやっとな感じ。

いざ!!救急救命室(ER)へ!!

 教訓その1:尿管結石にしろ、腸閉塞にしろ場合によっては緊急手術が必要な場合もあります。我慢できないような激しい痛みがあるときは救急車を呼びましょう。

それにしても…付き添い1名は 「おなか空いたなあ。昨日のおみやげのプリン持ってくればよかった…」

2014・9大仏プリン.JPG

前日、東洋はり医学会の奈良支部に出張していた先生のおみやげ。

まほろば大仏プリン』美味しいんです。お取り寄せもできますよ。瓶もかわいい(^^)

                                           (つづく)

 

 

『先生 まさかの尿管結石! その1』

 ~~それは突然やって来ました(>_<)~~

先生の朝は早いんです。というのも、治療室は朝9時にオープンなのでその前にレノのお散歩とお手入れを済ませ、ゆっくり朝食を…となると5時前には起きたいのです。

夏の間は日の出時間も早く明るかったのですが、9月も半ばとなると日の出も5時半頃、起きる頃は真っ暗です。

9月15日敬老の日。祝日でしたが通常治療の予定でした。朝起きた時は何ともなく、レノお散歩の準備をしていました。

レノ37.JPG

お父さんが支度している様子を眠そうに見つめるレノ 「もうちょっと寝てたいですよぉ」

そんなレノですが、ハーネスをつければお目々パッチリ 「お散歩行くんです!」

レノ9.JPG

思い返せば、お散歩前にいつも飲む白湯がその日はあんまり美味しくなかったんですが…。

毎日のお散歩は70分と決めています。が、なんか体が重くて40分ほどで切り上げることに。

レノのブラシをしたあたりから右脇腹がチクチク痛くなってきたのです。???

もう一度水を飲んだら…今度は気持ちが悪くなってしまいました。

朝食どころではなく、とにかくベットに横になりました。

痛い痛い!とにかくどんどん痛くなります。下痢というわけでもなくとにかく右脇腹に痛みが走るのです。

7時半を過ぎた時点で今日の治療は無理と判断、少しでも楽な姿勢で丸くなって寝ていました。

休日の治療日だったので混んでいて、皆さんにキャンセルをお願いしてご迷惑をお掛けしてしまいました。

とりあえず、自分で自分の鍼治療してみます。

「これは…胆石か、腸閉塞か」そんな見立てで痛い痛いと寝ていました。

「もし腸閉塞だったら病院行かないとまずいんじゃないの?」というわけで、

『青葉区休日診療所』にタクシーで行ってみました。

あじゃー、こ、混んでる(あたりまえか)!!

先生の苦難は続きます。

★☆★☆この時点では尿管結石なのかどうなのかわかっていませんでしたが尿管結石についてわかりやすく解説しているサイトをご紹介しておきます★☆★☆

 『結石を予防する6つのポイント』

 

 

 

きょうは東洋はり医学会渋谷支部会の日です。

 久しぶりに爽やかに晴れました。今日は東洋はり医学会 渋谷支部会の日で、レノと先生は朝から麻布十番まで出かけて行きました。

2014・9支部会へ.JPG

さてさて、ちょうど一週間前の9月15日敬老の日は通常治療の予定でした。

前日は東洋はり医学会 奈良支部への出張も元気にこなし、おみやげに「大仏プリン」を買ってきてくれました。

2014・9大仏プリン.JPG地酒味

ところがです!!治療開始を控えた朝7時ころ右脇腹に強烈な痛みが…(;´Д`)

七転八倒苦しんだ挙句、救急外来でわかった原因は「尿管結石」。

急遽治療をお休みさせていただくことになり、皆様にはご迷惑ご心配をお掛けしました。

17日より通常治療をしております。

それで、せっかくなので 『先生、まさかの尿管結石』 を数回にわたってお届けします(笑)

入院、手術にならなくてほんとに良かったです。

 

室長の健康アドバイス (奏玲通信2014 秋号より)

  意外に多い9月の夏バテ

 夏バテの症状で治療室に来られる方は、夏真っ盛りの8月よりも9月に入ってからのほうが多い傾向にあります。夏場の不調が少しずつ積み重なって9月に崩壊するというパターンが見られます。

 夏バテは医学的には明確な定義があるわけではなく、夏の暑い季節にみられる体調不良のことを一般的に夏バテと呼んでいます。症状は様々ですが、だるさ・気持ち悪さ・胃の膨満感・食欲不振・めまい・のぼせなどが現れます。夏バテは暑さにやられるというイメージがありますが、最近の夏バテは暑さそのものよりも外の暑さと冷房で冷えた屋内との環境の変化が体調を崩す原因となることが多いようです。

 食欲不振や気持ち悪さなどの胃腸症状が現れることが多いので、病院で胃腸の検査をする人もいますが、多くの場合、胃腸には問題がないケースが大半です。夏バテとよく似た症状を現すものとして乗り物酔いがあります。頭がのぼせて冷や汗が出てきて、体がだるくなって気持ちが悪くなるというのが乗り物酔いの一般的な症状ですが、夏バテと乗り物酔いで共通するところは、頭がのぼせて手足が冷えている状態になっていることです。

 乗り物酔いの時には、車の窓を開けて涼しい空気で頭を冷やすと少し楽になりますが、夏バテの予防の秘訣も足元は冷やさないようにして頭をのぼせさせないようにすることです。

 眠くなると手足が温かくなるというのが人体の正常な反応です。でも、頭がのぼせて手足が冷たいと熟睡できずに夏の疲れがたまる一方になります。冷房の冷気は足元ばかり冷やします。例えば塾の教室で勉強している子どもたちは足腰はほとんど動かさずに脳と目はフル稼働の状態なので、どんどん冷えとのぼせが強まってしまいます。夏バテになるための条件はそのようなところに潜んでいます。

 散歩や軽いジョギングで下半身の筋肉をよく動かすことにより、筋肉運動にともなうポンプ作用で足腰の血液循環が良くなって冷えが軽減します。暑いからといってシャワーばかりでなく、熱すぎないお湯につかってゆっくり体を温めるのも効果的です。

 鍼治療で気の流れを調和させて、上半身と下半身の血流のバランスを調えると、手足が温まって頭がスッキリしてきます。さらに肩や背中の無駄な緊張を鍼灸治療で改善して疲れがたまらないようにすれば夏バテの改善につながります。

2014・9のお花.JPGリンドウやケイトウのお花が秋を運んでくれました。

 夏号発行から2ヶ月、みなさまお元気でしたか?通信の編集作業はたいてい夜遅くになってしまう^^;のですが、窓を開けていると少し肌寒くなってきました。コオロギの声も聞こえます。この夏は、多くの地域で自然災害が起こり、大変な思いをされている方も多いです。自然の脅威は私達も人事とは思えませんでした。

 被災されたみなさま、どうか健康に気をつけて。夏の疲れが出ませんように。

 

 

レオ&ふわ&レノママの「もっともっと親ばか日記」その9

 お元気でしたか?夏の間、午前中はレオ兄ちゃんも涼しい治療室に涼みに来ていました。

狭い部屋でレオ&レノぶらざーずはくっついて仲良く営業(?)。みなさま、ご協力ありがとうございました。

ちょっとお邪魔な夏の営業2014・8.JPG 

レノ「お兄ちゃん涼しいねえ~。」レオ「…ZZZ」

レオちゃん12歳になりました!

 

レオ12才のスイカ.JPG

お誕生日はスイカに決まっています!!「ハッピバースデートゥーユー~♪」を歌ってる間もこの真剣な眼差し。

(お母さん歌ってないで早くスイカ頂戴!!!)

レオ兄ちゃんはとても元気です。レノの存在も刺激になっているのでしょう。仲良しレオ&レノぶらざーず。

8月にレノのパピーウォーカーさんが遊びに来てくださいました。レノ大興奮!

2014・8・25パピー2.JPGおにいちゃわ~ん♫

レノがお兄ちゃんに会うのは1年ぶり。抱っこもしてもらっちゃいました。

パピーウォーカーさんは盲導犬候補の子犬を生後2ヶ月頃から1歳頃まで家族の一員として愛情いっぱいで育てて下さるボランティアさんです。パピー時代に社会や家庭で暮らすルールを身につけます。

2014・8・25パピー1.JPG

レオもレノもパピーの家族のことは絶対忘れません。こうして時々会えたりするのは私達にとってもレノにとっても嬉しい事です。

「ちょっとにぎやかなようね」

猫のふわふわちゃんはお客様が来たりするとこの通り

こんな時は2014・8.JPG

物陰から様子見。さてさて最近のふわふわちゃんの様子はと言いますと。

お兄ちゃんと一緒-1.JPG

お兄ちゃんとおんなじソファーでのんびり毛繕い。

ママがお買い物から帰るとたいてい大きなレオ&レノが「おいしいの買ってきたの?」とでも言わんばかりにお出迎えしてくれるのが普通でしたが最近は…

お兄ちゃんと一緒-2.JPG

レオ兄ちゃんとふわふわちゃんが一緒に待っていてくれることもあります。

「あたしお兄ちゃん大好きよ」 

そう言いつつ…

2014・6・11.jpg

レノともくっついて寝てたりして。レノ&ふわのこれから楽しみです。

とにかく レオ&ふわ&レノ トリオに癒やされまくった夏でした。ありがとね

 

« 2014年8月 | メインページ | アーカイブ | 2014年10月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日