2014年10月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2014年10月

2014年10月

久々の更新! 「今日のレオ&レノ そして ふわふわ  その6」 ☆もうすぐハロウィン☆

 10月はなんだか街中オレンジ色。

最近は近所でハロウィンパレードがあったり、この辺りはこれからとても盛り上がります。2014ハロウィン-1.JPG

レノ 「このケープお母さんが買ってくれたんだよ~♪」 色々つけてもらうの大好きなレノです。

去年、ハロウィン用にと百均で可愛いカチューシャを買ったのですがレオ兄ちゃんはお気に召さなかったらしくイヤイヤ。このケープはまんざらでもない様子。

レオ 「これね、リバーシブルなんだよ。ボクは白いから黒いほうが似合うって」(^^)

おや~、高いところから声が聞こえてきましたよ。

 

2014・10・22.JPG

ふわ 「お兄ちゃんたち!ずいぶん盛り上がってるじゃない。なんの騒ぎかしら??レノなんか帽子かぶっちゃってるし。」

2014ハロウィン-2.JPG

レノ 「へっ??」 

レオ 「ふわちゃん、これねハロウィンのお洋服。お母さんこういうの大好きだから(^_^;)」

ハロウィン2014-2.JPG

ふわ 「知ってるわ、ハロウィンくらい。でも、お兄ちゃんたち!ハロウィンに犬は出てこないのよ」

ハロウィン2014-1.JPG

ふわ 「ハロウィンの主役は猫なの。お母さんが私にピッタリの帽子買ってくれたのよ。うふ、完璧」

というわけで、あっけなく主役の座を奪われたレオ&レノぶらざーずでした。

★☆★おまけ★☆★

レノのケープは「お地蔵さんのお前掛け」にもなります、はい。

2014ハロウィン-4.JPG

 

『先生、まさかの尿管結石!  その3 』 ~やれやれ~

  「その2」から間が開いてしまいましたが…。9月15日、突然先生を襲った尿管結石騒ぎ(*_*) その後、水分を多めに取るように心がけるくらいで痛みも出ることなく10月を迎えています。

 今日(10月5日)は東洋はり医学会の本部会の日。台風の足取りが気になりますが、雨の中レノと出かけて行きました。レノが帰ってくるまでどうか雷がなりませんようにヽ(;´Д`)ノ

2014.10.5.JPG

 やっとの思いでたどり着いた昭和大学藤が丘病院の救急。そう、『ER』 こんなに痛がっているのに何時間も遠回りをしておりました(反省)。

 『ER』=Emergency Room=救急救命室であります。するってーと、今の状況はかなりやばいのかもしれません。

 受付をしながら待つこと10分ほど、二人で同じようなことをもんもんと考えておりました。

  ①もし、腸閉塞だったとしたら…塞いでいる原因によっては緊急手術になると思うから、そうしたらしばらく入院になるし、レオ&レノ&ふわの世話のこともあるから盲導犬協会と相談しながら…。とか

  ②もし、癌とか見つかったら手術で取ることはしょうがないとしても、抗がん剤治療はしないから(ラジャー)

先々のこと意思を確認。

我が家はわりと日頃から「献体」のこととか夫婦で話し合ってはいますが、思いもしない出来事は突然やってきますから大事だと思いますよ、話し合い。

 先生専用「第2診察室」。自動扉が「バッ」と開いて先生方、看護師さんわらわら入ってきます。

心配しつつも根が超お気楽な付き添い。すでに「やれやれ~」モードに。(急にお腹が空いてきた)

朝から飲まず食わずだったわけで(先生がね)まずは点滴。

それからレントゲン。

それから超音波。     どうも痛みの原因がつかめません???

超音波を担当した外科の先生が「なんかいつもと違うもの食べたりしませんでしたか?」と聞いていて

(痛がる先生)「実は…昨日出張で行った先でごちそうが出て…いつもと違うといえばそれですかね」と答えていた!なんと!!えー、えー、粗食ですよ我が家はね!!!

いろんな科の先生方がまあるくなって相談。『CT』を撮りましょう」ということになりました。

時計は16時を回っていました。朝から病院に来てしまったので、さすがのお気楽付き添いもお留守番させている毛皮トリオのことが気になってきました。

結構仲良し2014・5.JPG

 ふわ「お母さんたち帰ってこないわね」 レオ「病院行ってるんだよ」 

 レノ「ちょっとおしっこしたくなってきました」 ふわ「もらすんじゃないわよ!」

 レオ&ふわ&レノ 「おなかペコペコ」

            こんなことになってやしないかと…(+o+)

CT撮ると言っているし、結果が出るまでしばらく時間があるだろうし、

 付き添い「ちょっと家に帰ってもいいですか?」

 看護師さん「…(しばらく間)…エッ、まあ、いいですけど」 (原因もわかってないのに??心配じゃないんですか?)と顔に書いてありましたが^^;

毛皮トリオのお世話を済ませて、てっきり入院だと思ったので自転車で病院に戻ってみると。

「CTで石が写りました。原因は尿管結石ですね。今痛み止めの点滴を始めたのでそれが終了したら家に帰って大丈夫です」 えー、帰っちゃって大丈夫なんですか(・o・)

先生を苦しめていたのは2,3ミリの石、数個。腎臓から膀胱までの管は狭いため、そこで引っかかった模様。なんとか膀胱にたどり着けばその後は自然排出できる大きさらしい。

石をできにくくする薬、もしもの痛みのための座薬など処方されてタクシーで帰宅。

「しばらくさ、ビールはロング缶にしてほしいけど」だって。(ちなみにビールで水分補給をして石を出すと言うのは間違いです。ビールは利尿作用があるのでかえって良くないのですよ。水分補給は水で)

ERの先生方、この度は大変お世話になりました。自宅近くの病院で受け入れてもらえてとても助かりました。ありがとうございました。

まずは一安心。治療もお休みさせていただきご心配をお掛けしました。

尿管結石の様子はここまで。「その4」で、日頃の注意をまとめてみようと思います(続く)。

 

 

 

« 2014年9月 | メインページ | アーカイブ | 2014年11月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日