2014年11月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2014年11月

2014年11月

11月最終日、先生東洋はり医学会本部会の日です。

 変わりやすいお天気が続いています、皆様風邪など引かれてませんか?

朝7時半ころ、先生とレノは神保町の会場に出かけて行きました。東洋はり医学会の本部会は神保町の教育会館で月一回行われます。全国組織の団体なので、本部会は全国からはりの先生方が集まります。

先生は東急田園都市線一本でいけるので恵まれています。遠くは飛行機で北海道や九州からいらっしゃる先生もいるのですから。夕方まで講義を聞いたり、実技研修をしたり充実した一日です。

 

2014・11・30-1.JPG 

「お兄ちゃん行ってきまーす。」

日々のお散歩はレノと先生は朝の4時40分位から約70分。レオ兄ちゃんは入れ替わりで5時半位から約1時間です。今の季節はレノが戻ってくるころも真っ暗です。研究会の日は明るい時間のお出かけなのでレノも嬉しそうです。

2014・11・30-2.JPG

日曜日のお散歩は途中で近所のパン屋さん「コペ」に寄るのがレオ兄ちゃんのお決まりのコース。

「お母さん!ボクね、そこに見えるまあるいパンがいいんだけど…」ワクワクしながら待ってるようです。

2014・11・30-3.JPG

昨日の雨で桜の葉っぱもだいぶ散っちゃいましたね。

お家のふわちゃんは??どうしてるかな?

ネズミ捕りの練習2014・11.JPG

ソファーの下に入り込んで「ネズミ捕り」の練習?

あのまあるい可愛らしい手に要注意。よく手入れされた鋭い爪が隠れていますからね。

このブログカテゴリーをどこにしようか毎週悩むんですよ、先生のお出かけのことなので「室長日和」に分類しているのですが文章はどっちかというと「今日のレオ&レノ そして ふわふわ」ですね。まっ、どっちでもいいか。

明日から12月、慌ただしい年末元気に過ごしたいものです。インフルエンザが流行期に入ったようです。

「手洗い・うがい」を忘れずに。「体を冷やさない」「休養を取る」ことも大事ですよ。では! 

12月の予定です

 クリスマス2014-3.JPG お似合いお似合い!

今年も残すところあと1ヶ月ほど…なんて時期になりました!ので、もちろんレオ&レノぶらざーずさんにはクリスマスの装いをして頂いております。

《12月の予定》

★☆★休診日★☆★

 7日(日)  9日(火)  13日(土)午後  14日(日)  21日(日)  23日(火)

★☆★年末年始の予定☆★☆

 12月28日(日)を年内最終治療日とさせていただきます。日曜日ですが通常時間(9:00~19:00)で治療します。

 新年は1月5日(月)より治療します。

治療室もクリスマスに向けて少しずつ賑やかになっています。まだまだこれからお楽しみに!

クリスマス2014-2.JPG

これから忙しくなるから体調を調えとかんとなあ…。 そうですねえ。

クリスマス2014-4.JPG

サンタさんも忙しくなる前にワンちゃんとお散歩です。

クリスマス2014-1.JPG クリスマスと言えばポインセチア

探してみてくださいね(^_-)-☆

で、我が家の箱入り娘さんは

箱入り娘.JPG

箱に入っていました(笑)!

「今日のレオ&レノ そして ふわふわ その7」 ~~秋の風景~~

 今日11月16日(日)は東洋はり医学会 中央合同支部会の日でした。今月は忙しく、ようやく来週は日曜日お休みがとれそうです。

今日も8時前レノと元気に出発です。 レノのゴージャスなふわふわしっぽが嬉しそうに揺れていました。

毎月第3日曜日は所属する渋谷支部会の日でいつもは麻布十番に行くのですが、今日の目的地は浜松町です。総勢100名くらいの鍼灸師が集まりました。

2014.11.16.JPG

治療室前の桜並木も赤く色づいて、落ち葉がきれいです。

2014.11.16-1.JPG

レオ兄ちゃんとのお散歩は毎日一時間ほど。季節の移り変わりを肌で感じる貴重な時間です。ただ、いつもは早朝すぎて日差しが弱いので写真は難しいのですが、今日は日の出後なので秋の風景を撮ることが出来ました。皆様もご一緒にお楽しみください。

2014.11.16-2.JPG

環状4号沿いの銀杏並木も黄色くなって。

2014.11.16-3.JPG

東急の線路沿い、すすきと一緒に。

2014.11.16-4.JPG

もえぎ野公園のけやきも色づきました。

 

お家でお留守番のふわふわさんは…

2014.11.16-5.JPG

先生のベットで寝てました…「ねっ、寝てなんかいないわよ!」と慌てて起きたりして(笑)

2014.11.16-6.JPG

お仕事中のレノのお布団でゴロゴロ。

「あの子、いいところに寝てるじゃない」

とまあ、みんな元気にしております。

今日は東洋はり医学会指導理事会に出かけています。

 20141109-1.JPG

あいにくの雨になってしまいました。朝7時半頃先生はレノと一緒に三田まで出かけて行きました。

今日(11月9日)は東洋はり医学会 指導理事会があるのです。11月は研究会等がたて込み何もない日曜日は23日一日だけです。忙しいですがレノと一緒に頑張っています。レノもふさふさしっぽをふりふりしながら嬉しそうに出かけて行きました。

2014・11・9パン屋さん.JPG

レオ兄ちゃんもレインコートを着て一緒に出発。パン屋さんでパンを買ってきたらこのお顔。

11月7日(金)は都合により休診日とさせていただきます。

 11月の詳しい予定はこちらをごらんください。

カサブランカ2014・11.JPG

ピンクのカサブランカ

実はこれ、いつも行くお花屋さんで「ゆり好きですか?好きなのどうぞ」と頂いたもの。

クチナシにも似たいい香り、玄関先がゴージャスに。

レオ&ふわ&レノママの 「もっともっと親ばか日記」 その10

 仲良し毛皮トリオの『日々のお手入れ』大公開!

 犬は人のように毎日シャンプーはしません。レオ&レノのシャンプーは月一回、レオ兄ちゃんはお母さん担当、レノはお父さん担当です。

レノお風呂.JPG あわあわ~

レノは大きく見えますがぬれるとほら、この通り意外とやせっぽちさんです。実は体重はレオ兄ちゃんとほぼ同じ26キロほどです。

人間もお風呂あがりはさっぱり!と思いますが、犬もそうらしく毎度お父さんに飛びかかって…

お相撲1.JPG のこったのこった!!

と、お相撲したり…

お相撲2.JPG ぐるぐるぐるぐる…

急速回転したりしばらくは大騒ぎ。

シャンプーをしない日もお散歩から帰ったらお風呂場でブラシをして体を拭いてもらいます。

そーだ、レノは毎日大騒ぎしていました^^;

お手入れといえば「歯磨き」も大切です。レオ&レノそろって朝ごはんのあと磨いています。

レオ歯磨き2.JPG

指にはめるこんなのを使って…

レオ歯磨き1.JPG ゴシゴシ

「シュッシュ」というとちょっと逃げ腰になるところを見ると歯ブラシはあまり好きではないようですが頑張っています。

「あたしは歯ブラシなんかしないわ!」

ふわふわちゃんにも歯ブラシを!と何度も挑戦中ですが毎度逃げられてしまいます。ところが…

おねだり.JPG

毎日ほぼ同じ時間に、同じ場所で「お願いポーズ」

「ブラシの時間よ!」

 

ブラシ大好き.JPG ふふ~ん

ブラシはブラシでもこちらのブラシは 「だ~いすき。だって気持ちいいんだも~ん」 だそうです。

レオ&レノの体重測定は長年お世話になっている可愛動物病院に検診などの時定期的に計ります。太ってしまうと足腰に負担がかかりやすいのでほぼ26キロをキープ中です。かかりつけの動物病院が我が家のすぐ向かいにあるのは幸せなことです。先生方いつもありがとうございます。

ふわちゃんもお世話になっていますが、レディーなので??お父さんが毎日体重測定

ふわちゃんお父さんのことも大好きです。

体重測定.JPG

「あれ、ふわちゃんちょっと重いんじゃないの?」

「気のせいよ!ふんっ!!」

こんな毎日です。もちろんレオ&レノは朝のお散歩も欠かしません。その間どうやらふわちゃんは秘密のトレーニングをしているらしい…との情報が。

それではまた!!

 

 

 

室長の健康アドバイス (奏玲通信2014 冬号より)

 グラリオサ&ケイトウ.JPG グラリオサリリーとケイトウ

 誰もが持っている力を信じて

 病気やケガの治療で医療機関に支払われた保険診療の医療費の総額(国民医療費)は毎年増え続けていて、39兆円を超えるほどに至っています。高齢化が進んだことに加えて、医療技術が進歩して医療費が膨らんだことが主な原因と言われていますが、病院の待合室を見回してみると「その程度の症状で本当に病院に来る必要があるのかな?」という人も少なくないように思います。命にかかわるとか障害が残るおそれがあるなど、重い病気への治療費は維持しながら全体の医療費を削減するとなると、一般的な医療サービスの水準を低下させるか、国民負担を大幅に増やす以外に解決策はないとも言われています。10年前と比べても国民医療費が9兆円も増えている現状において、国民皆保険制度の維持のためにはサービスの低下もしくは負担の増加を受け入れなくてはならない日は近いかもしれません。

 現代人は風邪を引いたりお腹をこわしたりするとすぐに薬を飲んだり病院へ行ったりします。病気は薬や医者が治してくれるものだと思っている人が多いようです。本当は、病気は自分が持っている「自然治癒力」により治るのですが、現代人はそのことを忘れてしまっています。昔の人は自分の病気は自分が治すということをよく知っていました。古代ギリシャの医師ヒポクラテスは「病気を治すのは患者自身が本来持っている自然治癒力だ」と語りました。東洋医学においても気の流れを調えて人間本来のあり方を取り戻せばあとは自然に治っていくという「無為自然」の考え方が根底にあります。私も体の気を調えて自然治癒力を引き出すことを目的とした鍼灸治療を行っています。自分の中に治る力があることを忘れてしまい、自然治癒力を無視して他の力に頼りっぱなしにならないように気をつけたいものです。

 二千年前の中国で編纂された医学書には次のようなことが書かれています。

~~大昔の人のほとんどは季節の変化に合わせ節度ある食事をして、労働と休息にも規律があり、働きすぎることはありませんでした。それ故に肉体と精神は健やかで盛んであり、本来享受すべき年令まで生きることが出来ました。人々は、心はのどかで欲はなく、肉体の疲労もないので、体の気は調和のとれた流れ方をしていました。それぞれの望むところは満たされ、食べたものを美味しく思い、自分が着ているものを心地よく感じ、生活を楽しみ、地位の高低をうらやむことはありませんでした。だから重大な病に伏せることはなく、皆が百歳を超えることができて、動作にも衰えたところがなかったのです。(黄帝内経・上古天真論篇から意訳して引用)

 いろんな意味で行き過ぎてしまっている現代、少し考えてみる時期に来ているのかもしれません。

 

« 2014年10月 | メインページ | アーカイブ | 2014年12月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日