2014年12月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2014年12月

2014年12月

室長の健康アドバイス (奏玲通信2015 初春号 より)

 みなさま、あけましておめでとうございます。

 ひと昔前と比べると新年の風景も様変わりしてきてはいますが、初日の出を拝み、初詣、書き初め、鏡開き、七草粥…一年を穏やかに過ごせますようにという願いはいつの時代も変わりません。健康も日々の積み重ねが大切です。「今年も!」という方も「今年こそ!!」という方もみんなで一緒に体にいいことはじめましょう。

2015正月.JPG

【はじめの一歩は呼吸から】

 手足は冷たいのに頭や顔がカーッと熱くなる「冷えのぼせ」が男女ともに増えています。人の体には、冷えを感じると頭部の温度が下がらないように体温を調節する機能があります。だから手や足が冷えてくると頭を温めようとする働きが起こり、手足が冷えれば冷えるほど頭は熱くなります。また、現代の生活習慣の中には「冷えのぼせ」を助長させる要因がいっぱいです。例えば、パソコン、ゲーム、スマホなどをやっている時は、脳と目はフル稼働で足腰の筋肉は休止状態なので、頭の方に血がのぼったままになって体温の不均衡が生じてしまいます。「冷えのぼせ」は更年期以降の女性に多いと思われがちですが若年層にもみられ、また男性にも少なくありません。

 頭痛・めまい・耳鳴り・鼻づまり・腰痛・肌荒れ・下痢・便秘・寝付きが悪い・夜中に何度も目が覚める・イライラ・不安感など様々な心身の不調に「冷えのぼせ」がともなっていることがよくあります。

 東洋医学の観点から言うと「冷えのぼせ」は陰陽の気の不調和ということになりますが、「歩くこと」と「呼吸すること」は陰陽の気のバランスを調える重要なスキルと言えます。現代医学的な言い方をすれば歩行と呼吸は交感神経と副交感神経のバランスを調えるスキルだと言えます。

                                   (新年のお花はこんな感じになりました。)

 速くて短くて浅くて荒い呼吸では心も体もリラックスできません。まずお腹を使ってゆっくりと吐きます。「呼」が吐くこと、「吸」が吸うことで「呼吸」ですから「呼」が先です。ゆっくりと長く心をこめて吐くことが大切です。そうすれば吸おうとしなくても自然に空気は入ってきます。息を吐くときには副交感神経が活性化するので、心と体はリラックスモードに変わります。歩行のリズムに合わせて、4回口から吐いて2回鼻から吸うというように吐く方を多くします。また、口笛を吹くように口をすぼめてしっかり吐き出すと、肺が十分に広がり効率的に酸素を取り込むことができます。

 歩く姿勢も大切です。歩いてゆく方向に大海原があることをイメージして、左右の目と左右の肩の高さを水平線に合わせて傾きを正します。そして水平線の向こうから垂直に昇る太陽に合わせて背筋を伸ばしてあごを引くと美しい歩き方になります。もし可能でしたら陽の気が満ち溢れる早朝の大気の中を歩いてください。

 鍼灸治療も陰陽のバランス調えます。治療の後「頭がスッキリして足腰が温かくなりました」とみなさん言われます。「冷えのぼせ」の改善の手助けに鍼灸をおすすめします。

 そして、今年はとにかく歩いてみましょう。健康になります。

年末年始の予定

12月23日(火)は祝日のため休診とさせていただきます 

 

2014クリスマス2.JPG

年内は 12月28日(日)を治療最終日とさせていただきます。

日曜日ですが通常時間(受付 9:00~19:00)で治療しますのでご利用ください。

新年は 1月5日(月)より治療いたします。

年末年始のご予約が混み合ってきましたので、治療をご希望の方はお早めにどうぞ。

2014クリスマス1.JPG

毎年、クリスマスの飾り付けをするときにはストーリーを考えます。

今年はサンタデビューをする新米くんを大サンタさんや天使さん総出でお祝い。いよいよ出番です。

2014クリスマス4.JPG

あれま、寝ちゃってる子も。(どこにいるか探してみてね)

 

12月7日(日) マルシェぶらり~と青葉台2014 に行ってきました。

ここ数日本格的な寒さがやって来ました。お元気ですか?

今日はみんなで「マルシェ ぶらり~と青葉台2014」に行ってきました。

桐蔭横浜大学のボランティアサークル「アーチ」の皆さんと一緒に、盲導犬啓発コーナーのブースでレオ&レノぶらざーずに触れ合っていただいたり、

2014・12・7-3.JPG

一緒に募金活動したり、

特設ステージで盲導犬のお話をしたり

2014・12・7-7.JPG おすましレノ

小さなお友達と仲良くしたり

2014・12・7-2.JPG ももちゃんと

寒くてレオ&レノが心配でしたが、午後もおひさまが照ってくれていたので元気に帰ってきました。このような地域の催しにみんなで参加できて良かったです。患者さんにもたくさんお会いしました。皆様ご協力ありがとうございました。盲導犬の育成にはたくさんのお金が必要なのですが、その90%以上がこうした募金や寄付で賄われています。私達も出来る限りお手伝いしたいと思っています。

2014・12・7-9.JPG

帰り道で。お疲れ様!お家帰ってごはん食べようねえ。

« 2014年11月 | メインページ | アーカイブ | 2015年1月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日