レオ&ふわ&レノママの 「もっともっと親ばか日記」 その11/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > レオ&ふわ&レノママのもっともっと親バカ日記 > レオ&ふわ&レノママの 「もっともっと親ばか日記」 その11

レオ&ふわ&レノママの 「もっともっと親ばか日記」 その11

 「みなさんあけましておめでとうございます。今回は私が主役なんだって!ま、当然ね。レオお兄ちゃん、レノも元気にしてる。読んでくださいにゃ(^_-)」

 

おしゃまなふわちゃん2014・12.JPG

わが家に猫のふわふわちゃん(9歳)が来てくれて1月3日で満1年になりました。すっかり慣れておくつろぎの模様。レオ&レノぶらざーずともいい関係です。よかったよかった。

 ふわふわちゃんは福島県飯舘村の出身です。詳細は知りませんが、飼い主さんと住んでいた所が原発事故の影響で住むことのできない「警戒区域」となり、飼い主さんやふわちゃんの子どもたちと一緒に仮設住宅に引っ越しました。ふわちゃん3匹位の子猫のママだったんですよ。ところが、人間だって生活するのが大変な仮設暮らしの中、ふわふわちゃん体調を崩しました。それで福島原発20㎞圏内犬猫救出プロジェクト「おーあみ避難所」に保護されたのが2年半前のこと。

 「おーあみ避難所」の活動を知ってから猫ちゃんたちのことは気になっていたのですが我が家にはこんな…

ゴージャスな兄弟58.JPG 犬団子

巨大な犬2頭がいるわけで。

半分冗談で「犬がいたんじゃ猫ちゃん引き取れないですよねえ」と聞いたのが始まりまじまり。

「猫は嫌いでも犬は平気な子がいます」

おーあみリーダーさんのお見立てで来てくれたのがふわふわちゃん。

叩くわよ2014・1.JPG 「叩くわよ」  

(はじめのうちゲージを借りました。)

我が家に来て最初の一ヶ月くらいは何かにつけてすぐ戦闘モードになってレオ&レノぶらざーずに猫パンチをお見舞いしまくった勘違いふわちゃんでしたが(笑)

レノと日向ぼっこ2014・12.JPG レノと一緒に

みんなで日向ぼっこ2014・12.JPG みんなで日向ぼっこ

今ではこんな様子です。みんな一緒に日向ぼっこなんて夢みたいです。

ご飯も一緒。

一緒にご飯.JPG 「おいしいわ!」

犬は食べ物で釣れば何とでもなるのですが(笑)

スイカ大好き.JPG 夏はよくスイカを使います。

(おかーさん!!なんでもしますよ)

野生の本能をしっかり持っている猫のふわちゃんには人間の都合など関係ないのです。昨年も年末恒例家族写真を撮ろうとしたのですが、何やら異様な盛り上がりを察知したふわちゃんソファーの下にお隠れに。

「ふわちゃん欠席」となりました。いつの日か一緒に!ね、ふわちゃん。

考えとくわ2014・12.JPG 「考えとくわ」

  福島のママ、おーあみシェルターの皆さんお元気ですか?ふわはとても元気です。ここのおうちで長生きしますから安心してくださいね。

 

 

< 室長の健康アドバイス (奏玲通信2015 初春号 より)  |  一覧へ戻る  |  室長の健康健康アドバイス (奏玲通信2015 春号より) >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日