2016年3月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2016年3月

2016年3月

先生、ダンスパーティーに初挑戦!!かも(笑)。今日は「海外研修会」

いよいよ治療室前の桜並木も桜の花が咲き始めました。

そんな春の日曜日の朝ではありますが、今日は東洋はり医学会の「海外研修会」で丸一日神保町の教育会館に。

海外からの先生方と一緒に勉強会です。2016・3・27海外研修会-1.JPG レノ、ニッコリhappy01

今日は講師としての参加で、「ネクタイ」「白衣着用」のこと。

昨年夏の経絡大の時にはてっきり白衣と思っていたものが…(詳細はこちら) とんでもないことになったので、

昨日から荷物のチェックはしっかりと「中身」も確認してsweat02。 

2016・3・27海外研修-3.JPG 「白衣よーしっgood

海外からの先生方のご提案で、夜の懇親会でダンスパーティーをするとかsign02

まあ、それで春らしいスーツで出かけて行きました。レノ大興奮かも。

2016・3・27海外研修会-2.JPG 「ボクのお弁当も入っているんですよお」

気をつけていってらっしゃーいpaper

 

先生、多忙な3月

先月に引き続き、日曜日も多忙な先生。今月は4回の日曜日のうちの3回が研究会です。

ということは、レノも多忙な3月。

昨日(3月12日)も朝から神保町までレノと一緒に出発です。

2016・3・13お兄ちゃんはお留守番(鍼の会の日).JPG 「今日は寒いからここから行ってらっしゃい~」のレオ兄ちゃんと

2016・3・13ふわもお留守番(鍼の日).JPG 「どこ行くのかしら?」の半分寝ぼけたふわちゃんに見送られ、

2016・3・13鍼の研究会2.JPG 今日も行く行く、レノと先生。

このコンビは歩く速さがとても速くてカメラマンは小走りで追っかけます。で、ぶれてます。

一日頑張ったレノは帰ってくると

2016・3・6帰ってきましたあ.JPG 洗濯機のようにぐるぐる…

ひと暴れして気分爽快。甘えん坊に早変わり。

新しい週はチューリップで患者さんをお待ちしています。2種類のチューリップを別々に。春ですね。

2016・3・13今週のお花.JPG

 

『お祝いの春!!』 レオ&ふわ&レノママの「もっともっと親ばか日記」その18

お祝いの春!! みんな元気でめでたいめでたいheart04

レオ&ふわ&レノママの「もっともっと親ばか日記」その18 (奏玲通信2016 春号より)

2016・1・6ふわちゃんが中心.JPG レオ(13才)兄ちゃんが盲導犬を引退して満3年

レノ(6才)が盲導犬デビューして満3年  ふわふわちゃん(10才)が我が家に来てくれて満2年経ちました。

で、この御三方の我が家での力関係(?) はと言うと…

2016・1・16ふわお嬢様おなり~.JPG じゃーん「ふわ女王様ばんざーいcrown

なんだか凛々しいふわふわちゃんなのです。

ふわふわちゃんは福島県飯舘村の仮設住宅で飼われていたのですが、腎臓の状態が悪くなりdog「おおあみ避難所」catに4年ほど前に保護していただきました。保護当時は今よりも痩せていて点滴も必要でしたが、避難所で手厚くお世話していただいたおかげで、今では点滴をしなくても良い状態を維持しています。2年前にご縁があって我が家に来てくれました。

別に、ふわちゃんが「シャーシャー」威嚇しまくるわけでもなく、いたって穏やかな時間が流れているのですが、どう見ても…。

レオ&レノ用ハウスの前で

2016・2・28ふわちゃんどうぞ.JPG ふわ「お兄ちゃん、私これからここでお昼寝するの」

レオ「あ…、いいよ」(いつも寛大なレオ兄ちゃん)

2016・1・16広々ハウスでのんびり.JPG ひろびろ~ ふわ「あたし大人だから一人で寝たいのよ」

どう見ても広すぎるハウスをご愛用のふわふわ姫。

ふわ様にお伺いを立てるレノ

2016・1・4ふわ女王陛下シルエット.JPG ふわ「何か御用かしら?」

2016・1・4レノふわ様にお伺い.JPG レノ「あの…、レノもひなたぼっこさせてください」

レノのお耳が横に張っているときはちょっと緊張気味(笑)

2016・2レノひなたぼっこ.JPG まあ、一件落着。

なんだかんだ丸く収めるレオ&レノぶらざーずでありました。

今はとても元気なふわふわちゃんですが腎臓機能を維持するためにごはんには気を使います。療養食を中心にいくつかトッピング(お薬とか)

2016・1・21ふわちゃんのご飯はあこがれ.JPG レノ「ふわちゃんのごはんはおいしそうですよ、なんか」

ふわちゃんごはんはレノのあこがれらしい。

いつもレオ&レノぶらざーすよりずーっと強気なふわふわちゃんですが…

2015・12・27お母さんとお昼寝.JPG 実はお母さんのおなかの上で寝る甘えん坊さんheart02

ツンデレなんです。中年のおばちゃん同士気が合う!のかなcoldsweats01

これからも仲良しトリオをどうぞよろしく

これから動物を飼おうかなと思っている方へ

ふわちゃんが我が家に来た時8才でした。大人の猫ちゃんで「慣れてくれるかな」と心配しましたが、この通り相性ピッタリ。ふわふわちゃんがお世話になった「おおあみ避難所」→こちら  では定期的に青葉台で里親会をしています。大切にお世話してくださっているワンちゃんdog猫ちゃんcatが待っています。

 

 

春は足元にご注意を!!(奏玲通信2016 春号より)

tulipつい先日まで真っ暗だった朝のお散歩も6時をすぎれば明るくなってきました。澄んだ空気の中に色々なお花の香りがしてきます。鳥達の声も賑やかで、季節の移り変わりを肌で感じます。「花冷え」という言葉があるように、朝晩はまだまだ冷えますね。そんな季節の変わり目の注意を「健康アドバイス」で書きました。参考にされて体調を崩さないようにしてくださいhappy01

2013 春の花.JPG お花と一緒にひなたぼっこ。レオちゃん(13才)も元気です。

室長の健康アドバイス 春先は足元にご注意を!!(奏玲通信2016 春号より)

 今年は3月20日が春分の日です。太陽が真東から登って真西に沈み、この日から夏至まで昼がだんだんと長くなっていきます。春分3日前から7日間が春の彼岸ですが「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、温和な日差しが注いで寒さが和らぎ桜の開花情報も聞かれるようになります。

 3月から4月にかけての時期に心がけたいのが頭寒足熱すなわち頭は涼しく足元は温かくすることです。健康な人でも体温は上半身が高めで下半身が低めになっているのですが、この上半身と下半身の体温差をできるだけ小さくするというのが頭寒足熱です。片方の手で足先、もう片方の手でおでこを触ってその温度差を感じてみてください。ほとんど同じようなら頭寒足熱、足のほうが冷たければ頭熱足寒です。慢性的な頭熱足寒の状態を「冷えのぼせ」と言います。

 肩こり・頭痛・めまい・耳鳴り・鼻づまり・目の疲労感・寝付きが悪い・胃腸の不調(腹部膨満感、便秘、下痢など)・生理痛等で悩んでいる人は冷えのぼせの状態になっていることが多いものです。種々の症状を改善させるためには、冷えのぼせ(=頭熱足寒)から頭寒足熱の状態にすることが大切です。春の日差しが降り注ぐこの時期に注意しなくてはならないのは足元です。日差しは春なのに地面はまだ冬の冷たさが残っています。ですから上半身は春らしい服装に変えても下半身は冷えないような工夫をしてください。

 現代社会は手先や頭脳をたえず働かせている反面、足腰はほとんど動かさない生活パターンになりがちです。パソコン作業を続けていると頭の方に血液が集まり、足腰の血液循環が悪くなって頭熱足寒の状態になります。頭がのぼせていると冷えを自覚できずに更に頭熱足寒を助長させてしまう可能性があります。

 筋肉は頭の部分より足のほうが圧倒的に多いので、運動で筋肉の発熱量を高めて下半身を温めましょう。散歩程度の運動でも効果があります。それから、お腹を冷やさないことも大切です。内臓の温度が低下すると、内臓の機能を低下させないように内臓への血液量が増えて手足の血液が減り、手足が冷えてきます。この季節は少し厚手の下着や腹巻きなどでお腹が冷えないようにしたいものです。

 鍼灸治療で気の流れを調和させて上半身と下半身の血流のバランスを調えれば頭寒足熱の体質に改善してゆけます。そうすれば心も体もゆったりとリラックスでき、冷えのぼせに伴う症状も解消できます。

 

 

 

« 2016年1月 | メインページ | アーカイブ | 2016年4月 »

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日