レノの仕事っぷり大公開!(奏玲通信2016 冬号より)/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > レオ&ふわ&レノママのもっともっと親バカ日記 > レノの仕事っぷり大公開!(奏玲通信2016 冬号より)

レノの仕事っぷり大公開!(奏玲通信2016 冬号より)

盲導犬引退犬と現役盲導犬のいる生活+猫もいます

レオ&ふわ&レノママの「もっともっと親ばか日記」その22

dogレノの仕事っぷり大公開dog2016・10・26ハロウィンレノ(帽子).jpg ハロウィンレノ 

「あのねえ~、ぼく盲導犬だったって知ってた?自分で言うのもなんですが、優秀な盲導犬なんだよscissors

 10月20日より理療臨床公開講座の講師として神奈川区の横浜市立盲特別支援学校に週一回行っています(12月8日まで)。先生とレノの息の合った歩行の様子を同行取材してきました(笑)

2016・10・27公開講座2-5.jpg

環状4号沿いの銀杏も黄色く色づいてきました。近所の道は慣れたもの。サクサク歩きます。しっぽもブンブン余裕です。

2016・10・27公開講座2-6.jpgのサムネイル画像

改札へもすんなり誘導。改札によっては一方通行のところがあるので戸惑うこともあります。

「立ち止まっていると『こっちですよ』って大抵周りの人が助けてくれる」と先生。ありがたいですね。

2016・10・27公開講座2-1.jpg2016・10・27公開講座2-3.jpg

盲導犬はユーザーの左を歩きます。左側が線路の場合はレノが安全に歩いてくれるので心強いです。(最寄り駅の青葉台はホームが広くて歩きやすいのです) 反対に、右側が線路のときはとても緊張します。ホームが混んでいたりするとどこまでが地面なのかわからなくなるのです。先生 はホームの上では白杖も使って慎重に歩くようにしています。

2016・10・27公開講座2-2.jpg 

ホームのどこで待つと電車のドアのところなのかはユーザー自身があらかじめ訓練して歩数や感覚で覚えています。

2016・10・27公開講座2-4.jpg

大口駅に到着。

レノは信号の色はわかりません。信号が「渡れる」「渡れない」を判断するのはユーザー自身です。

周りの音をよく聞いて歩くのです。でも、賑やかな場所だったりするとよくわからないこともあります。そんな時…「今渡れますよ!」とか「信号青ですよ」と声をかけていただけるととても助かります。

盲学校の近くの信号は音声信号なので渡りやすいです。

2016・10・20公開講座.JPG

無事到着note

P_20161026_180023.jpg2016・10・26ハロウィンレオ兄ちゃん(帽子).jpg

「レノ、やるじゃないheart04」ふわ

「これならお父さんも安心だね」 レオgood

(今年もお母さんに仮装させられた毛皮トリオなのでしたsmile

shineGOOD JOB RENOshine2016・8・27にっこりレノ .jpg

          

                                                              

 

< 秋と冬も水分補給を忘れずに!(奏玲通信2016 冬号より 室長の健康アドバイス)  |  一覧へ戻る  |  気楽に楽観的に (奏玲通信2017 初春号より 「室長の健康アドバイス」) >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日