冷えは万病の元、そして花粉症の元/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > 室長日和 > 冷えは万病の元、そして花粉症の元

冷えは万病の元、そして花粉症の元

 

2017・2・14ミモザ.JPG

いよいよ花粉症の季節が到来して、「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ」の症状を訴える患者さんが増えてきました。花粉症の患者さんの体で共通することは、足・腰・お腹が冷えていて、逆に首・顔・頭は熱くなっているということです。いわゆる「冷えのぼせ」という状態になっているわけですが、不眠・目まい・偏頭痛・耳鳴りなどの患者さんも同じ状態になっていることが多いものです。冷えのぼせの体質から頭寒足熱の体質に改善してゆけば、花粉症の症状はかなり軽減します。頭寒足熱を実現するには、やっぱり鍼灸治療がいいんですよね。

              ※※※※※★★★※※※※※

今週のお花はミモザです。

花粉症の方には黄色いしくしゃみが出そう…と思われる方も(笑) 秋に咲く「セイタカアワダチソウ」のことですね。みなさん誤解していますが、セイタカアワダチソウは花粉を飛ばして受粉する植物ではないので花粉症の原因ではないのですよ。混同されることが多いのですが、秋のアレルギーのもとは「ブタクサ」です。詳しくはこちらのブログに詳しく書いてくださっていました。

 

 

 

< レオちゃん、ありがとう! (奏玲通信2017 新春号より)  |  一覧へ戻る

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日