盲導犬という「職業」は存在する?(その1)/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > 室長日和 > 盲導犬という「職業」は存在する?(その1)

盲導犬という「職業」は存在する?(その1)

 

さあ!おさんぽいくよ!!(首輪を見てルンルンのレノ)

いつぞやのことですが、レノと一緒に電車subwayに乗っていたら、ちょっと気になる話しが聞こえてきました。 『~~否応なしに仕事させられて、かわいそうにねえ。盲導犬はストレスが多いから、長生きできないんだってさ~~ 』 それを聞いていた私は、「否応なしに仕事をしてるだって?盲導犬がストレスを感じてるだって?あんたね、何を根拠にそんなこと言うんだよangry」って言いたかったけど、気が弱いsad私はそのとき何も言えなかったんです。  「過労死」・「パワハラ」・「仕事のストレス」とかいう言葉を人間界ではよく聞くけれど、盲導犬の世界ではそんな言葉は存在しないはずです。私と一緒に歩いたり電車に乗ったりすることが仕事だなんて、レノがそんなふうに思っているはずありません。レノと歩いていると、「盲導犬だ。お仕事をする賢いワンちゃんだね。」なんて言われることがあるし、レノにさわろうとする人に対して、「今は仕事中だから、さわらないでね。」なんて私も言うことがあるけれど、レノにしてみれば「盲導犬って何?お仕事って何?」ってなものですよ。  私が外出の支度をし始めると、レノは「ワーイheart04、お出かけだ!早く行こうよ!!」と言って、尻尾フリフリですり寄ってくるけれど、盲導犬はみんな似たようなことをするはずです。  「~~お父さんと一緒に街を歩いたり、電車に乗ったりするのは楽しいよ。ぼくはいつもお父さんと一緒。楽しいに決まってるじゃないか~~ 」 レノはそう言っていますよ。  盲導犬と家庭犬、どっちが長生き?

次回へ…

 

ACジャパンのコマーシャルが好評のようです。いろんなところで取り上げていただいています。「盲導犬はかわいそうな犬じゃない」という記事も是非読んで下さい。

P_20170115_050101.jpg

< 冷えは万病の元、そして花粉症の元  |  一覧へ戻る  |  盲導犬という職業は存在する?(その2) >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日