原気(げんき)を元気にしましょう  (奏玲通信2017 初夏号より)/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > 室長の健康アドバイス > 原気(げんき)を元気にしましょう  (奏玲通信2017 初夏号より)

原気(げんき)を元気にしましょう  (奏玲通信2017 初夏号より)

2017・4・30若葉の桜 (縮小).jpgclover治療室前の桜の木もすっかり若葉色ですclover レノもごきげんです。

☆☆☆室長の健康アドバイス☆☆☆ 

「原気(げんき)を元気にしましょう」

 一流のスポーツ選手は、本番に最高の能力が発揮できるための呼吸法を身につけています。多くの治療家は癒やしの力を高めるために腹式呼吸をして下腹に気を集めます。現代人は胸の筋肉だけを使って浅い呼吸をすることが多く、浅い呼吸をしていると全身の気の流れにむらが生じてきます。幼い子どもは深い腹式呼吸を自然にしていますが、社会経験の中で感情を抑制するようになると浅い呼吸が多くなってきます。

 東洋医学においては、肺(呼吸器系)の働きの弱まりは憂うつや悲しみが現れる原因の一つと考えます。背を丸めて胸を落ち込ませて浅い呼吸をしていると、人は憂い悲しみを感じやすくなるものです。現代人の呼吸の浅さというのは、自分ではコントロールできない社会において満足感が得られずに不安を感じていることと関連しているのではないでしょうか。

 「元気ハツラツ」とか「お元気ですか」などの語源は、東洋医学で言うところの「原気(げんき)」に由来します。原気とは、この世に生を受けた際に親から受け継いだ先天の気と、空気や食物から作られる後天の気とが混ざり合ってできるもので、生命活動の原動力となります。原気は下腹の中央部分の丹田(たんでん)に集まり、気の通り道である経絡をめぐって全身に活力を与えています。原気が旺盛な人は下腹に力があり充実していて、筋骨や内臓や九竅(きゅうきょう=目・耳・鼻・口・尿道口・肛門の九つの穴)が力強く働きます。原気が衰えている人は下腹が軟弱で、動きが弱々しく、疲れやすくて冷えやすく、病気にかかりやすくなります。

 横隔膜を大きく動かす腹式呼吸をすると、丹田の原気が活性化して全身に気がめぐりはじめます。日常生活の中で、例えば昼休みとかお散歩中とか何かのついでに腹式呼吸をしてみましょう。背すじを伸ばして、ゆっくりと息を吐ききってお腹をへこませます。「呼」が吐くこと、「吸」が吸うことで「呼吸」ですから「呼(吐く)」が先です。ゆっくりと長く心を込めて吐くことが大切です。そうすれば吸うことを意識しなくても自然にお腹がふくらんで空気が入ってきます。息を吐く時には副交感神経が活性化するので、心と体はリラックスモードに変わります。歩行のリズムに合わせて「4回口から吐いて2回鼻から吸う」というように吐く方を多くします。また、口笛を吹くように口をすぼめてしっかり吐き出すと、肺がすみずみまで広がり効率的に酸素を取り込むことができます。

腹式呼吸の習慣を身につけて、加えて鍼灸治療で気の流れを調えてあげれば原気がさらに元気になっていつも健やかに生活できるのです。

 

 

 

< 今日はプチ研修会でした  |  一覧へ戻る  |  レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その2 >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日