2017年7月/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > アーカイブ > 2017年7月

2017年7月

レノの夏 

梅雨も明けて暑さも本番beer

我が家のレノくんは夏がとても苦手ですsad

暑さはもちろんですが…夏といえば…thunderそう「雷」が時々なりますよねsweat01

先日7月18日午後から少し怪しい気配downdown犬はとても耳が良いので遠くにちょっと聞こえている頃から2017・7・18雷怖い.JPG

「お、お、お父さん!crying」と大騒ぎ。肉球にも汗かいてスタンプができるくらいになってしまうんです。

治療中だったので、部屋から出されてしまい、レノはひたすら家の中を走り回っていました。

「怖いよ~cryingdash

そんなレノですが、治療室にいらっしゃる患者さんの人気者なんです。

小学生の患者さんからプレゼントを頂いたりheart02

菜穂ちゃん・里帆ちゃんプレゼント2017.JPG

6月のレノ7才のお誕生日に小学生のお友達からshine大事にハムハムしています。

さらちゃんからプレゼント2017・7.jpg

1年生の患者さんが図工でレノを作ってくれたんですnote おしゃれなレノくんです。

いつもかわいがっていただいてありがとうございます。

さて、雷が去って一段落。

2017・7・18雷行っちゃった?.JPG

もう大丈夫ですよupup

夏は『花火』もあるしcoldsweats01レノにとってはなかなか油断できない日々ですががんばります。

みなさまもお体自愛ください

 

レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その3

現役盲導犬dogと猫catのいる生活

レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その3 (奏玲通信2017夏号より)

heart02千の風になってheart02 ~~レオ兄ちゃんの納骨~~

 5月22日、静岡県富士宮にある盲導犬総合センター「富士ハーネス」にレオ兄ちゃんの納骨に行ってきました。(写真は昨年4月のレオちゃんです)

 

2016・4・10レオちゃん.jpg 昨年の11月に14才でお空に行ってしまい、私たちはとにかく淋しくて、納骨に行けないままでした。「ペットロス」なんて他人事のように思っていましたが、ふとした時に涙が出て…weepだいぶ乗り越えたんですけどね。

 そんな私たちでしたが、同じく昨年亡くなったレオのお母さんのリオちゃんと、兄弟のロン君のご家族も一緒に行ってくださることになり、決心がつきました。

レオちゃんの納骨2017・5・22.jpg

盲導犬協会では盲導犬だった子やその兄弟、そしてお父さん、お母さん犬が亡くなると、遺骨を合葬墓に埋葬することができます。(レノもお兄ちゃんの遺骨をのぞき込んでました)

 この日は私たちだけでなく、施設の職員のみなさんもお仕事の合間を縫って納骨式に来てくださり、みなさんでレオちゃんの遺骨をお墓に納めることができました。お墓の中にはたくさんの遺骨が重なり合っていて居心地良さそうで安心しました。リオママもロン君もずっと一緒だねheart04

ラック&オパール2017・5・22 (縮小).jpg

 この日は近くに住むレオちゃんの兄弟ラックも来てくれました。ラックも14才ですが、トコトコ達者にお歩き元気そうで安心しました。同じお家のオパールも同じく引退犬ですが、仲良しな様子はまるでレオ&レノのようでした。(左がラック 右がオパール)ラック!まだまだ元気でいてねhappy01

どんちゃん2017・5・22.jpg

元気なイケメン黒ラブのどんちゃんにも会えました。

 納骨してしまうのは寂しくなってしまうとばかり思っていましたが、温かな風に包まれてしあわせでした。

みんなそろって2017・5・22.jpg

みんなそろって記念撮影camera レオちゃんを通じて家族が増えました。

レノフリーラン2017・5・22.jpg浮いてるよ!レノ2017・5・22.jpg

お若いレノはフリーランをさせてもらいました。大興奮でupほとんど浮いていました。coldsweats01

「あ~ら!ずいぶん楽しそうじゃない?!」

2017・5・26 ふわちゃんのお留守番.jpg

いつもお留守番をしてくれるふわ様には新しい爪とぎをプレゼントさせていただきました。ふわちゃんありがとね。

新しい爪とぎ2017・5・23.jpg

 

 

熱中症対策と冷え対策の2本立てで夏を元気に!(奏玲通信より 室長健康アドバイス)

sun奏玲通信は奇数月に発行している当治療室の新聞です。今年も早くも折り返し地点夏号yachtです

P_20170629_145504.jpg←クルクマと利休草

★★★熱中症対策と冷え対策の2本立てで夏を元気に★★★(奏玲通信2017 夏号より 室長の健康アドバイス)

 「足場を固める・腰をすえる・腹がすわる」という言葉がありますが、これは下半身に気が充実していると心も体も安定してくるという経験則から生まれた言葉ではないかと日々の臨床から感じています。しかし、現代社会の場合は上半身に気を集めることの方が重視されていて「頭が切れる・目ざとい・頭脳明晰」な人がまずもてはやされるように思います。

 東洋医学では「頭寒足熱」というこ言葉があり、どちらかといえば下半身に気が充実している方が健康だとされています。頭寒足熱と逆の「冷えのぼせ」は病前状態と考えられていて、不調や病気を引き起こす元となります。肩こり・頭痛・めまい・耳鳴り・鼻づまり・目の疲労感・寝付きが悪い・胸焼け・腹部膨満感・便秘・下痢・生理痛などで悩んでいる人はこの冷えのぼせがあることが多いものです。

 夏は高い気温に適応するために血管を広げて熱を逃しやすい状態になっているので、冷たい空気が下に溜まりやすいクーラーの効いた部屋にいると、上半身は暑く感じているのに下半身だけは冷えている「冷えのぼせ」タイプの冷え性が多くなります。上半身だけで暑く感じてしまい、下半身が冷えていることを自覚できないままクーラーの温度を下げてしまったり、ずっと素足でいるなどは、冷えを助長させてしまうことになります。上半身は夏らしく薄着になっても下半身は冷やさない工夫をしてください。

 運動は代謝を上げ、自律神経のバランスを調え、血液の循環を良くします。筋肉は上半身よりも下半身に多いので、運動で筋肉の発熱量を高めると下半身が温まり冷えのぼせの改善につながります。運動と言っても散歩程度で十分効果が出ます。また、お腹を冷やさないようにすることも大切です。つまり、

 「上半身と下半身の温度差を最小限にすること」が健康への近道です。

 もう一つ注意したいのは熱中症です。冷え性の人は冷えるのを嫌うあまり、真夏でも冷房をつけずに過ごしているうちに熱中症になってしまうことがあります。体感温度だけに頼らず、温度計で室温を確認するようにしましょう。同時に水分補給も忘れずにおこなってください。

 私の治療室に来られる方は「身体がポカポカしてきました」と治療後にみなさん言われますが、このポカポカ感は頭や顔がほてって暑くなるような感覚ではなくて、お腹や腰や足がポカポカ気持ちよくなるのです。鍼治療で気の流れを調えて、上半身と下半身の血流のバランスを改善すれば、冷えのぼせは消えていくでしょう。冷えのぼせがなくなればそれに伴う多くの症状が消えてゆき、心と体が安定するのです。

梅干し

今年も梅干漬けています。朝のお散歩前に白湯に梅酢を少し混ぜて熱中症対策をします。

« 2017年6月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日