レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その3/奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」 > レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その3

レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その3

現役盲導犬dogと猫catのいる生活

レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その3 (奏玲通信2017夏号より)

heart02千の風になってheart02 ~~レオ兄ちゃんの納骨~~

 5月22日、静岡県富士宮にある盲導犬総合センター「富士ハーネス」にレオ兄ちゃんの納骨に行ってきました。(写真は昨年4月のレオちゃんです)

 

2016・4・10レオちゃん.jpg 昨年の11月に14才でお空に行ってしまい、私たちはとにかく淋しくて、納骨に行けないままでした。「ペットロス」なんて他人事のように思っていましたが、ふとした時に涙が出て…weepだいぶ乗り越えたんですけどね。

 そんな私たちでしたが、同じく昨年亡くなったレオのお母さんのリオちゃんと、兄弟のロン君のご家族も一緒に行ってくださることになり、決心がつきました。

レオちゃんの納骨2017・5・22.jpg

盲導犬協会では盲導犬だった子やその兄弟、そしてお父さん、お母さん犬が亡くなると、遺骨を合葬墓に埋葬することができます。(レノもお兄ちゃんの遺骨をのぞき込んでました)

 この日は私たちだけでなく、施設の職員のみなさんもお仕事の合間を縫って納骨式に来てくださり、みなさんでレオちゃんの遺骨をお墓に納めることができました。お墓の中にはたくさんの遺骨が重なり合っていて居心地良さそうで安心しました。リオママもロン君もずっと一緒だねheart04

ラック&オパール2017・5・22 (縮小).jpg

 この日は近くに住むレオちゃんの兄弟ラックも来てくれました。ラックも14才ですが、トコトコ達者にお歩き元気そうで安心しました。同じお家のオパールも同じく引退犬ですが、仲良しな様子はまるでレオ&レノのようでした。(左がラック 右がオパール)ラック!まだまだ元気でいてねhappy01

どんちゃん2017・5・22.jpg

元気なイケメン黒ラブのどんちゃんにも会えました。

 納骨してしまうのは寂しくなってしまうとばかり思っていましたが、温かな風に包まれてしあわせでした。

みんなそろって2017・5・22.jpg

みんなそろって記念撮影camera レオちゃんを通じて家族が増えました。

レノフリーラン2017・5・22.jpg浮いてるよ!レノ2017・5・22.jpg

お若いレノはフリーランをさせてもらいました。大興奮でupほとんど浮いていました。coldsweats01

「あ~ら!ずいぶん楽しそうじゃない?!」

2017・5・26 ふわちゃんのお留守番.jpg

いつもお留守番をしてくれるふわ様には新しい爪とぎをプレゼントさせていただきました。ふわちゃんありがとね。

新しい爪とぎ2017・5・23.jpg

 

 

< 熱中症対策と冷え対策の2本立てで夏を元気に!(奏玲通信より 室長健康アドバイス)  |  一覧へ戻る  |  レノの夏  >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日