「からりと治療院」(伊勢原)訪問記  /奏玲通信

HOME > 奏玲通信 > おまけ > 「からりと治療院」(伊勢原)訪問記  

「からりと治療院」(伊勢原)訪問記  

「からりと治療院」(伊勢原)訪問記!

maple紅葉がだいぶ進んで、晩秋の行楽シーズン真っ只中ですねmaple

11月9日(木)は室長は理療臨床公開講座へ出張でしたので、スタッフは伊勢原の治療院に行ってきましたhappy01

伊勢原駅は初めて降り立ちましたが、駅前に伊勢原駅前鳥居 大山阿夫利神社

「大山阿夫利神社」の鳥居がドーンと。なんたってここは大山詣での玄関口。平日にも関わらずリュックを背負った中高年のみなさんがたくさん見受けられました。

さて、向かった先は伊勢原駅前から2分ほどの、こちら。

からりと治療院外看板伊藤岸代先生1

「からりと治療院」さん。先生は伊藤岸代さん、東洋はり医学会所属の鍼灸師であり、整体師でもあります。

こちらでの治療は経絡治療によるはりとお灸の治療、そして日本古来(平安時代以降)より伝わる筋膜療法と身体呼吸療法を組み合わせた整体をされます。

(※筋膜療法は最近見かける筋膜リリース療法とは全く別のものです)

からりと治療院ベット

柔らかい日差しの差し込む治療室で、今日は治療もしていただきました。

はりとお灸を主にするか整体を主にするかは患者さんが選べるということでしたが、

伊藤先生の判断で「はりとお灸メインがいい」「整体メインにした方がいい」とアドバイスもしてくれます。

私は「整体メイン」で治療が始まりました。

人間は見た目左右対称っぽいですが、長年の習慣や癖などで体に偏った負荷をかけていることがほとんどです。

頭蓋骨はとても重いので、ちょっとした重心のズレが体に負担をかけてしまい

色々なところに影響が出てくるのです。

治療中の写真がないのが残念ですが、あお向け、うつ伏せにはなりましたが「整体」に持っていたイメージとは違って伊藤先生が体に触れて微調整していく…そんな感じです。先生の手のあるところがホワっと温かくいい気持ち。

治療のポイントとされているのが★重心をととのえること★体の動きやすさの調整★全身の循環⇒そうすることによって自ら治る力を引き出していくこと。これは経絡治療とも共通する部分が大いにありますね。なるほどなるほど。

からりと治療院治療中

只今治療中の足首(ちょっとコケましてcoldsweats01)にはお灸もしていただきました。

 

からりと治療院お灸2

もくもく…全部燃やすわけではないので全く熱くありません。いい気持ち。

治療が終わって…こっていた肩が随分楽になって、視界がクリアに。

治療室に補助スタッフとしていらっしゃるのが「背骨君」(笑)なんかかわいいのです。

からりと治療院骨君からりと治療院骨君2

模型を使って状態を説明してくださるのはとてもわかりやすいです。(ちょっと、これほしい。先生買ってください)

からりと治療院伊藤先生カウンター

今日はお世話になりました。ととのえていただいたので、姿勢や動作に気をつけて生活しようと思います。

今月末の奏玲治療室での勉強会でお待ちしています。(もう長年通ってきてくださいます)

帰路、伊勢原の駅舎からは大山連山が見えて

P_20171109_144409.jpg

山に抱かれて…信仰の山ですものね。視界が広くてありがたい気持ちになりました。

女性専門はり灸整体 からりと治療院 TEL 0120-5151-92 (電話予約制)

  神奈川県伊勢原市伊勢原2-2-22 アネーロ伊勢原Ⅱ201

 flair HPはこちらからflair

 

< レノ&ふわふわママの「思いっきり親ばか日記」その5  |  一覧へ戻る  |  『室長日和』(しつちょうびより)今回はあたらしいHPより発信です。 >

このページのトップへ

お問い合わせはお電話で045-985-3578

奏玲治療室

奏玲治療室
TEL:045-985-3578
《治療受付時間》
9:00~19:00
(19:00からの治療が最終です)
《休診日》
日・祭日